post image

100%E-JUICE DATES レビュー

2014-12-15-04-40-23
VAPECHKでのmicroGDC購入時に
JapanVapeTV視聴との記載によりおまけで頂いたリキッドのレビューです
前回gladiusのおまけで頂いたstrawbery milkがかなり旨かったため
中華リキッドもモノによってはアタリがあると
考え方をいきなり改めさせられたシリーズですが
これは人にオススメ出来る!

と思ったものの・・・早くも地雷でした
いやコレは個人的に地雷なんですが
地雷の根本のフレーバーがクリアに分かったという意味で
ある意味大当たりでした
正直に個人的な見解として不味いと書きますが
これが旨いという人も・・・居ないことは無いと思います。

まずコレがなぜ地雷だったかというと
4年前タバコ系に共通して感じた異臭と思っていた香りそのものでした
当時TECCで注文したタバコ系には総じてどうもこのフレーバーが
うっすら時にはコッテリ乗っていたようです
当時はニコチンの添加やグリセリンの製造工程で何か入るのかと
まぁどれもダメだったため特に調べもせずタバコ系は無理と封印して終わっていましたが
何故かお好み焼きを食べている際にその苦手な香りが再現したことがありました
今回このリキッドのおかげでその原因まで判明しました
これはちょっと個人的には大発見です
つまりどこのリキッドを今後購入するにせよこのフレーバー混ざっていた時点で避ければ
高確率で地雷を避けれるという経験値が積めました

そもそもDATESとは何だってところから始まりますが
パッケージの絵的にスライスされたフルーツが折り重なっているため
何らかの複雑なフルーツミックスかと思ったんですが・・・
これ全く関係ないパッケージ。コレは非常に紛らわしい。

DATESはナツメヤシの実
干したりシロップを抽出したりするようです
日本人には馴染みがない食材ですが
とんかつソースやお好み焼きソースのとろみを出すためにこのデーツから注文したシロップが使われているようです。
ちなみに昨晩いただきもののキムチからもこの香りが感じ取れて困惑していました
どうやら単体で馴染みは無いものの様々な食材のとろみに利用されているようです。

で、まぁ個人的には
この香りを我慢して吸っていたのが前回辞めた理由の大きな一つの要因なため
またコレか!

ただ香りはものすごくクリアに出ています
煙量も申し分ない
リキッドによっては雑巾味になるというMicroGDCでもものすごくクリアに出ています
リキッドの素性は良いんでしょう

が・・・・
ごめんなさいこれは廃棄です
せっかくの下ろしたてGDCに入れたもんだから・・・
我慢して半日吸った所
具合が悪いです・・・

基本的に食べ物の好き嫌いは無い方ですが
ミョウガに加えデーツが追加されたことがわかりました・・・
ただ・・・
好きな人は好きかもですね・・・
いやまぁ・・・残念ながら・・・もったいないですが廃棄です・・・
GDCは・・・洗います・・・

着色★☆☆☆☆(色はごく薄い黄色コイルへのダメージは少なそう)
煙量★★★★☆(文句なく出ますGDC15wにてむせるほど)
風味★★★★☆(非常にクリアにデーツの香りが出ている模様)
総合☆☆☆☆☆(苦手すぎるため廃棄となります・・・)

おまけに期待するんじゃなくてちゃんと選んで買おうという教訓!

post image

海外リキッド到着までの流れ12/13 経過報告

liquid
12/13現在VapeDudes 以下VDのリキッドについては
8日に投函され11日からシカゴで止まっていますシカゴ2泊目
まずは2日の発注とするとおよそ製造に5日
ほぼ一週間かかる様子です3種類の比較的定番を頼んでそれなので
場合によってはもう少し製造工程がかかるかもしれないショップです

一方StrixElixirs 以下SEのリキッドについては
7日に投函され9日からシカゴで止まっていますシカゴ4泊目
製造がほぼ4日9種類頼んだ割にはVDとの比較で製造が早いショップと言えます
各有名ショップにはノンニコタイプですが揃っている事を考えると
製造ラインはVDより大きいのかもしれません(でも恐らくは家内制手工業ぽいですが)
 
VDもSEもテキサスから投函され一旦イリノイのシカゴで泊まるのは同じ様子
ネットの情報を見る限りUSPSはシカゴでバカンスが長いとの書き込みが多く見られるのと
新たに得た情報としてどうやらある程度貯めてから貨物の隙間に放り込んでいく感じのようで
もしかすると日本へは同便で同着となる嫌な予感が^^;

およそ二週間との評判を信じるとすると
あと3-4日で到着の予定
以前はUKのショップからが多かったたんですがこんなに長かったかなぁ?という気もしますが
どうやらUSPSはシカゴで連泊するのが通常のようなので
これを踏まえて以後発注する必要がありますね

トラッキングを随時観察できるのはいいものの
あぁ今日も止まっているのかと見るのは疲れますね。
日本への発送可のショップはEU圏にもあるようなので
今後別ルートも探っていく予定です。
 

post image

smok micro GDC レビュー


2014-12-12-16-17-19

味が良い煙も良いと評判のクリアロマイザー到着 VAPECHKでの購入
ただし安物リキッドの何かの成分との相性が悪いらしく
レッドブルが掃除機の排気の味になるという曰くつきの商品

これはノーチラスの評判のようで
GDCは安いリキッドでの相性は出にくい様子。
使っていても感じません。味は若干ノーチラスが上という評判も。

煙量は素晴らしく出ます
個人的な設定はどうも15w付近が調度良く感じました
これは経験値が上がるとともに変動するかもしれないため
再度レビューをするかもしれません


2014-12-12-16-17-33

まず本体の使い勝手から
分解は非常にやりやすい
がドリップチップのOリングがやや大きめなのか抜き差しが非常に硬い
が何度か強引に動かすうちに徐々にOリングが削れ許容範囲内へ
まぁ最近の中国製は精度が上がった・・・とはいえこういうことは許容しないとやっていけません。
抜いたら最後力いっぱい押し込まないと入らないのはちょっと面食らいましたが^^;


2014-12-12-16-18-52

今日の時点で試したリキッドは
VGPG比率が記載されていないので不明ですが
おそらく半々とするとそれでは供給が追いつかない感じ
15W以上行けるかどうかは後日比率の違うリキッドで再調査

※VG(植物性グリセリン・・ドロドロ)とPG(合成グリセリン・・サラサラ)の比率が変わることで
リキッドの供給量(コイル周りの綿への浸透速度)が変わります。浸透速度が遅いとリキッドが足りない状態でコイルが加熱するためドライヒットと呼ばれるイガイガする臭い煙が出ます。

まぁ現状このあたりの事は経験ではなくネットから即席で得た知識からくる推測なので
試してみないと実際はわからない
そのうちリキッドを用意して調べます。 

機体の素性としては
コイルが特徴的でジュースコントロールという
リキッドの供給量を制限できる仕組みが搭載
恐らく比較的サラサラのリキッドを入れたが
味を強調しようと出力を下げるとリキッドが供給されすぎてジュルジュルと吸い込んでしまう
というような状況で閉めて供給量を減らすことで調整できる模様

総合的には味煙共に高評価を受けているが
内部(恐らくはコイル周りのウィック)の素材の特性なのか
特定のリキッドで最悪の味を引き出すとの情報がある
安物のレッドブルが掃除機の排気味になるということで
せっかくなのでHANGBOOのレッドブルは洗浄後入れて見る予定

到着待ちのVapeDudesのリキッドも相性が悪いとの情報がtwitterに新たに上がっており
なんとなくノリで買ってしまったkangerのaerotunk megaについては
買っておいてよかった・・・と今現在の話題の機種は
aspireの最新型atlantisで
素人でも50wの電流を流した爆煙が可能で味もさほど飛ばない
メーカー曰くgame changerらしいです
当初bec proを用意した理由はatlantisを使うこと・・・でしたが・・・
どうもね・・・この数日でも経験値が貯まることで
自分の中では重要なのはやっぱり味なんだろうなというのが理解出来ました

で、まぁatlantisにしても味、煙で目指すゴール地点は手巻きコイルの世界とのこと
ならイニシャルもランニングも総じてコストが安くなるRDA(リビルダブル・ドリップ・アトマイザー)の世界へ
先に入っておいてそれでも興味が湧いた場合にのみatlantisへ行こうかと決めた
恐らくはatlantisへは行かないか数カ月後安くなってから買うかのどちらか。

■機能★★★★★ (トレンドの機能は乗っている。ドローも好みで文句なし)
■煙量★★★★☆ (kangerより良いような気がする 若干)
■風味★★★★☆ (kangerより良いような気がする 若干。ただしリキッドの相性があるらしい)
■価格★★★★★ (同等の機能のkangerより安い)
■総合★★★★☆ (今更オススメされなくても各方面で高評価、ただしリキッドの相性が気になるので一つダウン)

post image

XTAR MC1

2014-12-09-19-12-15
MOD用充電器初購入@アマゾン 980円
とりあえずなので1本充電できればいいかとケチる
ケチりつつも評判のいいものにはしておく
よくわからないものを始めるときは長い物には巻かれておかないと
ちなみに電子タバコ特にMODと呼ばれる電池交換式の世界は
たまに爆発事故が起きます
殆どの場合充電器が原因になり過充電がなにより危険とのこと
MODは高出力が多く過充電させた状態で無理やり高出力を引き出す事が事故の元のよう
比較的安全なリチウムマンガンを使うのは爆発のリスクを下げるためらしい
用途は電子タバコ以外では懐中電灯のようでアマゾンでは懐中電灯のショップから届く

ただ充電器については
安全性を重視するとリフレッシュ機能やら諸々多機能な充電器にて
さらにリスクを下げる運用をする必要があるらしい。
まぁ・・・そのため買い替え買い足しになるとは思います

これはUSB経由での充電器なのでその際はお出かけの際の保険的扱いになる予定
ただし・・・充電時間はかなりかかります^^;
過充電が心配と言いつつ寝る前に差し込んでおくと幸せな感じな充電時間
過充電保護回路には定評があるらしいので一応信頼しておくが
本来は充電中は目を離さないほうが良いらしい(気にし過ぎと思うけど)

リスク軽減は大事だが不便なのも勘弁なので
いずれテスターを購入して
使用前に過充電かどうか確認できるようにする予定
事故の大半は充電後、過充電に気が付かずに使用しての加熱→爆発のようなので。

2014-12-09-19-13-35
対応する規格が多いため銀色の端子をグイッと押して電池を挟むシンプルな作り
ちなみに今回使用するバッテリーは18650 
MOD用としては18650と18350が主流のよう
2014-12-09-19-12-33

post image

Efest IMR 18650 2500mAh 35A

2014-12-09-19-14-42
MOD用電池初購入
本来はソニー製が一番いいらしいが、まず手に入らない
またソニー製は緑色一色、文字の印刷なしという見た目のため偽物な場合逆にリスキーということで
2番手3番手を争うEfestとawで購入難易度優先でEfsetを購入

ただこの製品使っている人も多く
特に使用上の問題はないそうだが
実測すると性能の半分も出ないとのこと(要確認)
まだ確認中のため断定はしない

一つ前のモデルの2100mAhのモデルのほうがまだ実測の落ちが少ないらしい(要確認)

ただ現状ドイツの一つのサイトでのデータのみなのと
手に入りやすさと容量の問題、実際には煙を飛ばす距離を競う競技(クラウドチェイス)
なんてやるわけはないので
高出力で連続して使う用途は求めていなく
評価はともかく使ってみて問題を感じていないので予備にもう一つ購入予定
中途半端に変えると逆に間違って入れて過信する場合のほうが恐ろしい。

とりあえずは味を楽しむ目的では35Aの定格で連続放電出来なくても特に問題はない。

2014-12-09-19-15-15

 一応本物の証のようなものは張ってある
が、どうなんだろうドイツの計測結果は個体差って事もあるんじゃないのかと
やっぱり中国製ということは忘れないように使うつもり

基本的に内部のセルは中国では作れず
ソニーやパナソニック又は韓国製のものをすこし弄って出しているだけらしい。
ってことはなんかロットによって違うとかもありそうなので
アタリかハズレかは別として同じロットが手に入るだろううちに早急に追加予定。

とりあえずは電池が熱を持ったら危ないサイン
手榴弾のごとく投げる準備
ガスが吹き出したら迷わず投げる

これを常に意識して使うようにしてみます。(いや冗談ではなくて・・・) 

2014年12月
    1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント

Top