post image

メンソール液作成1/2

2014-12-16-22-21-45
3年前の遺産のメンソール結晶を使いメンソール液を作成
これがないと自作メンソールリキッドは進まない
まずは容器にPGを入れる。このためのファンタジー。
VGでは大して溶けない。昔は無水エタノールに溶かしていたが(恐ろしく溶けます)やはりエタノールの風味が残るため宜しくない。PGで良いと発見した人ありがとう。
2014-12-16-22-21-14
 30ml容器に10ml程度PGを入れ
あとはどこまで溶けるか実験・・・
2014-12-16-22-32-34
 入れてるそばからなんとなく溶けてないか?と思えたので
まぁいいかと溢れるまで投入・・・

待つこと15分程度で
2014-12-16-22-41-32
 これぐらいになります。すでにかなりの液化。結晶は底から離れて浮いています
 この後1時間程度経過していますが
徐々に減ってはいるものの液化する速度は減衰傾向のため
結果は明日報告します。 

post image

ファンタジー

2014-12-16-22-16-52
アマゾンで買えるグリセリンはこっちも有名
3年前はなかった気がする。PGをこうも簡単に入手できるとは。
グリセリンについてはケンエーで問題なし
違いはケンエーは85%程度がグリセリンあとは精製水
こちらは99%グリセリンとのこと
若干粘度が違う程度
全て舐めてみたところPGはほんのり甘いVG(グリセリン)はどちらもしっかりと甘い
自作リキッド作成にはケンエー程度の精製水の比率がちょうどいいらしい

市販リキッドを薄める際は精製水要らないんではないか?と思うため一応VGも購入

今後の消費量によっては3個パックの方が安い

自作リキッドが調子よく作成出来てしまった場合は消費量大
割る用途ならあまり減らない
要検討

ちなみに市販リキッドをこれで割る場合ファンタ割りと呼ぶらしい。

グリセリンに関しては濃度が違うとはいえ
実売でケンエーの約2倍
要検討

 

post image

Strix ELIXIRS BLACK HONEY CREAM レビュー

blackhoneycream

ブラックベリーってどーだったかな・・・あまり好きじゃないような?と思いつつも
30ml5$のセール品のため迷わずカートにIN
30ml 3mgニコチン MAXVG(VG多めというVGPG比なのかVGのみなのか・・・)

ドロッドロのため供給量大丈夫なの?など悩みつつ
なら折角のジュースコントロールってあったなと
microGDCへジュースコントロール最大開放にて投入
2014-12-16-17-15-15
これはですねぇ・・・まずいか旨いかと言われれば普通にまぁ旨い部類だとは思いますが・・・
まずハニーもクリームもごく薄めでブラックベリーが強いですね。
しかも酸味とかは少なくコストコでジェリービーンズを買ってくると
子供が覚えて残して最後に残ってくタイプの・・・あれブラックベリーだったのか・・・という
洋物お菓子系です
甘酸っぱかったりフレッシュならまた違うんでしょうが調理済みのブラックベリーという感じですね。

ブラックベリーの癖が好きな方は問題ないかと
嫌いという程ではないが大丈夫という方は普通に吸えます
癖ですが例えると・・・思い浮かんだのがお盆の線香を焚いた仏間の・・・線香消えた後の残り香・・・
を思い出しました^^;
嫌な匂いではないんですけどね積極的に選ぶ動機にはならないかなぁ・・・

ただまぁ臭い不味いという事は一切無いです。
親しみのない食材なのでこういう評価になるとおもいます。

とまぁ言いつつもダラダラ吸ってしまえる味なのでフロツンよりコチラが常飲となっています。

■MAX VGという設定
100%VGなのか数値は出ていませんがVG高めなのは注入時からして違います
スルスル入っていかないのでガラスに添わせて注入する最に狭いタンクだと流れ込む速度が遅く
あまり一気に入れようとすると溢れたりセンターパイプに侵入しそうになります。
その後リキッド供給も遅いため吸う前の放置時間は長めに必要かと思います。
糖分が分離して下に白く溜まった蜂蜜の上澄みに近い粘度に感じます。ドロっとしてます。

■風味まとめ
クリーム感を感じる瞬間は吸い込んだ蒸気を舌に載せた時のみ。ハニー感はほぼ0。吐き出す最はお菓子のブラックベリー風味のみという感じです。これは風味が落ちかねないVG重視の設定なので風味が飛んでいるのかどうかはわかりません。機材的なものかどうかはEVODでも試しましたがあまり感想に変化が無いのでmicroGDC
との相性では無さそうです。ちなみにベリー系の酸っぱさは吸っててわかりませんが
部屋の残り香が若干酸っぱいです^^;

※12/16追記 GDCって味が出るようになるまで長いんだろうか?酸味とクリーム感はちょっと出てきた。新品コイルでタンクに入れてからやく24時間。慣れたのか?でもこれは・・・良くなってきてます。クリーム感についてはバターを舐めた感じが若干舌に乗ります。ハニーについてはまだ不明なんですが・・・GDCもまたレビューしよう・・・

■ニコチン強度
3mgはほぼ吸って感じることはない強さです。うっすらと喉への刺激があるなという程度。ニコチン液の匂いは全くありません。ただニコチンはしっかり入ってはいますので調子に乗って吸い過ぎるとクラクラ来ます。コレを試して思ったのは、初心者に勧める最にまず18mgあたりで満足度を得られないとニコチンリキッドやめてしまうので高い方・・・と勧める方を見かけますが、(4年前は特に多かった)今時の機材で煙量増やして楽しむぶんには3mgや6mgからスタートして上げていく方が良いかもしれませんね。ニコチンの強度より臭さでNGとなる人の方が多くないですかね?18mg相当のたばこを1日一箱吸ってましたが3mgで充分クラクラ来てます。今回3と18を試せたので次回は6か12で考えてみたいと思います。ちなみに紙巻たばこ消費量は今日は特に我慢もせずまだ2本です。いい感じ。

着色★★★☆☆(琥珀色)
煙量★★★★★(maxVGという設定のためか調子に乗ると数分で部屋真っ白)
風味★★★☆☆(ハニーとクリームは極めて薄い)
総合★★☆☆☆(不味くないですよ・・・普通に吸えます・・・以上です。リピートなし。)

post image

Strix ELIXIRS FROZEN TUNDRA レビュー

frozentundra

早速届いたSEリキッド
当然メンソールから始めます
10mlボトル18mgニコチン  VGPG比記載なし

昨晩からEVODに投入し愛飲中
2014-12-15-23-45-55
コレについては有名リキッドなのでまぁあまり言うことは無いんですが
旨いんですがメンソールの強度は控えめです
BI-SOのハイパーメンソールとは比較にならない弱さです

旨いんです・・・

時系列で

■投入直後一吸い目

・・・・・すごい湿布臭・・・・・サロンパスサロンパス言われるのを把握

■二吸い

・・・・?・・・・・・ あぁ・・・18ミリ失敗だったかなぁ・・・ニコチン臭い(イカ臭いに近い 男子便所臭)

■三吸い

ここで慣れてきたのでタバコ的口に溜めてからの吸い方じゃなくて電子タバコ的というか水タバコ的というか
口でためずにスーッと肺まで入れる、吐く・・・  ???
旨いなコレ・・・ニコチン臭気にならない・・・

ということでメンソール好きな方はすぐ慣れて旨さがわかるようになるとは思いますが
そもそも湿布の匂いがダメな方はダメでしょう

ただ・・・個人的にはコレ旨いんだよなー リピート候補筆頭

うっすらと甘みのある喉に適度に刺激のある煙で吸い込まれます
吐き出す際に甘みを若干加えた湿布臭(というか雑味のないハッカの香り)

※電子タバコの吸い方ですがハイパーメンソールのようにノンニコチン強メンソールのものは、紙巻たばこと同じく口にためてから口内で薄めて吸い込んでました(口で薄める際に外に溢れさせて鼻から吸い込むとスースー感アップ)、フルーツ系やスイーツ系については吸い込むときに若干口を開け気味で薄めながらもダイレクトに肺へ入れてました。おそらくコチラが電子タバコの通常の吸い方と思います。ハイパーメンソールなどでムセてしょうがない方は非喫煙者で強メンソールのものも電子タバコ的吸い方をされているのでは?と思いました。強メンソールのものは紙巻たばこ的吸い方であれば大きく喉の刺激は押えられてメンソール感のみを楽しめると思います。

■吸い方による変化
<口内で薄める>
ニコチン臭が際立ちます。特に鼻から吸い込むと最悪です。またさほどメンソール強度自体は高くないので思ったほど清涼感は得られません。ニコチン臭については18ミリはストロングにあたる強度なので下げれば改善します。

<肺へダイレクトに深呼吸>
ニコチン臭はほぼ気になりません。程よい刺激で気持よく吸い込めます。吐き出した時の清涼感はちょうどいいバランスで強すぎず弱すぎずのメンソール感。吸い続けられます。

■ニコチン摂取
いわゆるニコクラと呼ばれるニコチン摂取によるクラクラ感は程よく現れました(個人差有ります)
吐き気などはなくほろ酔い程度
普段の常飲がアイスブラスト8mg(ニコチン0.6mg)これは電子タバコwikiの換算表ではリキッドの場合18ミリで良いようです。確かに吐き気などは無く気持ちよく吸えてはいますが
電子タバコの場合美味しければ美味しいほど吸う時間が長くなるためもう一つ12あたりまで次回は落としたほうが気楽に吸えるかなと感じました。3年前は赤鬼のニコチンリキッドを20種類ほど試して全滅した再は24ミリだったためニコチン臭もキツかった記憶があり18もヤバイかな?とも思いつつ発注しましたが肺へダイレクトに入れてる限りはほとんど気になりません。かなり優秀なリキッドなのかもしれません。

※概算参考値

リキッド濃度 リアタバ強度
36 mg 1.391 mg
27 mg 1.081 mg
24 mg 0.911 mg
18 mg 0.608 mg
16 mg 0.519 mg
14 mg 0.435 mg
12 mg 0.356 mg
11 mg 0.318 mg
9 mg 0.248 mg
8 mg 0.215 mg
6 mg 0.153 mg
0 mg 0.000 mg

■総合評価
一言で言うとハッカ飴です。雑味も無いためスッキリとした美味しいハッカ飴。そう思うとサロンパスには思えなくなりました^^;ニコチン臭は吸い方によって変化、肺にダイレクトに入れてる場合は特に気にせずに吸えます。喉への刺激はメンソール強度が並のためさほどキツくありません。メンソール強度もハッカ飴に近いかも。フリスクとかブラックブラックガムあたりのドライさを求めるものではない様子。次回はニコチン強度落として楽しんでみます。

着色☆☆☆☆☆(色は透明 ダメージ少なそう)
煙量★★★★☆(充分良く出ますが18ミリの刺激が強まるのは恐ろしいので控えめに吸ってます)
風味★★★★★(好みはわかれますがハッカアメを美味しく食べれる方はオススメ)
総合★★★★★(リピートは・・・おそらくします)
 

post image

kangertechはスクラッチコードがないパッケージもある


2014-12-08-22-55-47

スクラッチコード式またはQRにて真贋の確認ができるとの評判のkangertechですが
最近の出荷製品ではコードがついてない本物が出ているようです
数点買ってみたところ
信頼できる定評のある専門店かどうかに関わらず
上記の写真のようにどこまで箱を分解してもコードの添付がないものがあります

これは正規品とのことです
何が起きているかというと
ダースなのか何個かわかりませんが箱で仕入れた場合
元箱にはコードがついているようですが個別の包装にはコードがありません
いくつか購入してみた結果この手の白いパッケージは簡易包装であって
コードがないことがほとんどです。

基本的にユーザーは10も20もいらないため入手する際にはバラ売りで小売となるわけですが
販売店以外には真贋を確かめるすべがありません
そのためkangerならコード確認できるので比較的安全との認識で購入すると
コードが無い商品が届いて戸惑う、ということが起きます。

念のため今回店舗に問い合わせて判明しました。
ネットに出ている情報では「コードがないなんて偽物掴まされた」というものもありますが
恐らくは上記の理由にて白い箱であれば本物の可能性が限りなく高いと思われます

ただし海外のコピー品が混ざるような店舗相手ではどうかわかりません


IMG_2370

右側はVAPECHK(信頼の置ける専門店)より届いたコイルですこれもコードはありません
恐らくは実売10$以下の製品については簡易包装に切り替えたのではと考えられます。
このコイルも新型コイルは白箱ですが旧型コイルは黒い箱のためコードがついてる可能性があります。
いずれ評価用にどちらも揃える予定なのでまた追記するかもしれません。

左側のmini protank3 はアマゾンのマーケットプレイスからなので
どーなの?と疑って店舗に連絡を入れたわけですが
証明として上記の元箱の説明とともに画像を頂いたので載せておきます
よく見ると、おそらく、切れていますが10のような数字が見えますので10個入りでしょうか


DSCN0298

この箱にはコードがついているようです


DSCN0297 (1)

こういった偽物が作りやすい部品については専門店での購入がいいかもしれません
よけいな心配が少ないです。

ただし
今どきの特に電子タバコの中国製クローンというのは見た目を似せた別物というわけではなく
パーツもパッケージも要は下請け工場が横流ししていて
偽物も本物も同じパーツを組み立て検品したのがオリジナルの会社かクローンを作った会社か
という差のようです
さらにいうと製造工程のB級品を別会社を作りあたかもクローンをつくられて迷惑してますという体で
売っている場合もあるようです。
そうなると、どこまでが偽物でどこからが本物か
本物を作っている工場も下請けも偽物工場も同じ工業団地にある場合があるそうで
まぁ・・・考えても無駄な気もします

※分解して真似て作った結果品質が高いというわけではなく、部品を横流しにて手に入れ組み立てるだけなので技術力が上がってコピー製品も品質がいいという訳ではないようです。他国の製品を分析したり型を採ったりして真似るわけではなく隣の工場で組み立ててるものをコッソリうちも組み立てるというハードルの低いコピーはさすがに電子タバコの一大製造拠点である中国だからこそ起きる問題のようです。このあたりはモラルの問題なのでおそらく長年解決しないでしょう。

ユーザーの取れる対策は一つ一つ届いた商品は過信せず
ネジは渋くないか、ねじ山は潰れてないか、液漏れはないか
購入後は諸々テストをして試用した上で信頼するか決めたほうが良さそうですね。

ただまぁ正規品だろうが壊れまくっていた4年前とは大違いで
偽物であっても高品質というのが悩ましいところですね。

 

2014年12月
    1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント

Top