post image

寒い日のお供に、余ったジッポオイルの処理に

IMG_2273
もう一つの趣味の釣り用に買ったアウトドア用品が
ついに通勤にも・・・
暖冬のはずでは・・・ 
燃料フルで24時間暖かいです(熱い)アウトドアでの使用以外では半分も燃料いらない感じですね。
あ、カイロです
昔ながらのカイロなのに熱量は今だにコッチが上
使い捨てじゃないのでゴミが出ません。排出されるものも水蒸気のみ!と強引につなげますが
電子タバコと関係ありません・・・

ジッポですが調べると昔ながらのハクキンカイロのOEMの模様、これ太平洋側の都市部では燃料用のベンジンがどこのホームセンターでも取り扱いがないほど不人気商品。
でも雪国では今だに定番のようです。まぁ熱量が違いますから・・・

仕組みはベンジン(又はジッポオイル)をプラチナで反応させ酸化させる際の熱を利用するカイロ
構造は火のつかないジッポオイル的単純な構造です
本体はジッポと共通と思われる綿が詰まっているだけです。

酸化反応のスターターとしてまずライターで着火しますが燃えてるわけではありません(一般的な燃焼ではない)
ので
一応・・・広い範囲では燃焼ですが服に火がつくなどは全くありません
反応後は水蒸気のみの排気です
火気厳禁の職場の方は・・・通勤時どうなんでしょう?でもコレで火はつきませんからね・・・要確認

本家ハクキンじゃなくジッポ版を買ったのは
アマゾンで安かったのに加え初期付属で燃料が付いてるのは大きいですね。燃料用ベンジン売ってませんから・・・
また熱量はベンジン用の本家ハクキンからデチューンされてますけどジッポオイルの特性に合わせた結果のようです。
IMG_2274

つい比較したくなる性格のため・・・ハクキンベンジンも買ったので近日比較予定

IMG_2276

 専用カップ(ハクキンと色違い同型なのでOEMと判断するそうです)で燃料を測り、(半分とフルの目盛アリ)
燃料を測って入れたらあとは
IMG_2275
 ココに点火するのみです
ちなみにこの火口(噴火しそうなネーミング)を外せば瞬時に反応が止まるため
通勤時などは室内に入ったら消火してください 。
熱量は本体を素で触るとヤケドはしませんが、持ってられない熱量です
何らかのカバーをかぶせるか素肌に触れない工夫をして使って下さい。
専用ベルト等出ています。
ちなみにジッポ版はフリースのジャケットがついてきますがコレが断熱性が高すぎて
かぶせるとヌルい感じに・・・薄いメッシュ状の袋が向いていると思います。

一旦消した場合、帰りは再点火が必要なのでライター持参で活用して下さい。
IMG_2277
火口は外して裏返すとプラチナが張ってありますが、
プラチナといっても錆びて薄汚れたような感じです。
本家ハクキンはこの面積が大きいらしく、
ここでデチューンしてるようですが、どうやら比較サイトを見ると発熱の違いは燃料の違いであって
火口でのコストダウンは熱量に殆ど影響していないとのこと 要検証です。
ハクキンOEMということで
コストダウンの影響が気になる人は本家の火口と取り替えて下さい。互換性あります。

酸化反応ということで酸素を与えることが快適に使うコツです。
コレでもかと重ね着する人はできるだけ上着に近いレイヤーで使って下さい。
酸欠になると消えます。
匂いは実際ほとんど気になりません。
2個買ったんですが首と背中に両方入れると暖かいかな?と暖房ついてないリビングで
ボーっとテレビ見ながら首ならこのへんかなぁ?と弄っていたら
うかつにも朝まで意識が飛んでましたが毛布一枚で朝までホカホカでした。
気になって寝れないような匂いは殆ど出ません。無臭に近いです。
※燃料がベンジンの場合は若干臭うらしいです。要検証

服にも毛布にも引火しませんので酸欠が問題なければ湯たんぽにしても良いかもですね。
喫煙者はなんだかんだ言ってジッポオイル持ってたりしますので
シール剥がし以外にもこういう用途で使うと快適です。
風邪でダウンした嫁が手が冷たくて携帯が触れないというので一晩貸しましたが
快適だったようです。

ちなみに製造年度によって国産のハクキンOEMと中国のコピー品とあるようです。
コレは先月買いましたがアマゾン経由で国産でしたメイドインジャパンと記載=ハクキンOEM。
現状は中国製に切り替わっているらしいのでデッドストックでしょうか?
この寒いシーズンでも安売りしているということは旧商品の処分品と思われます。
中国製とは当然品質に差があるそうですので買われる方は要注意です。
国産が残っているうちにどうぞ。

post image

自作リキッド作成器具 参考例

2014-12-17-16-56-39
前回(3年半前)は点眼容器にグリセリンを入れ直接1滴2滴とフレーバーを加えたら振る方法でしたが
結局満足の行く出来にならなかったのを踏まえ

今回再チャレンジするにあたっての変更点は
1.メンソール液はPGベースにし余分な液体の混入を減らす(エタノール)
2.混ざりの悪さは味の悪さということで混ぜやすい道具を工夫する
3.外気に触れさせ寝かすと(スティーブと呼ぶらしい)味が良くなるらしいのである程度の容量は一回で作る

ということで仕事帰りにホームセンターにて
一番小さいステンレスの容器・・・ということで完成後の注ぎやすさも考慮しステンレス製計量カップ
万が一大成功のレシピが生まれた際には200mlまで作れます・・・
まぁ作っても100かなぁ・・・

ステンレス製泡立て器は混ぜる作業用

最小2.5mlを測れる小さじはものによっては大量に入れるらしいフレーバー計測用
また5mlの小さじはPGVGを半々で入れる際に使用
計算がめんどくさくなると続かないのはわかっているので
PGVGは5+5で10mlそこに何をどれ位足すかで調整を図ります。 
またいちいちドロドロのVGをチマチマと測りたくないので計量スプーンで行きます
かなりストレスが無くなるのではないか?

本来シリンジ(注射器)で行う計量ですが
いちいち洗うのが面倒臭いし粘度の高い液体は吸い込まず出ずと苦労するため
余程の少量を図る必要性が出たら購入予定(100均でOK)
ただし少ないなら何滴たらす・・という計量で行く予定
 
これで出来上がりはおよそ12ml-15ml程度のものが出来上がると予想
あとは容器ですが今は便利なもので
アマゾンにて点眼容器も激安で手に入るのを先ほど発見して 
10mlタイプ100個入りを発注
出来上がったリキッドは半々にわけて片方は即使う味見、片方は寝かす実験用と分けてみます

寝かす・外気に触れさすというのは
半信半疑でしたが確かにフレーバーの成分を見る限りエタノールが46%も入っていては
これが抜けるかどうかで味は変わりそうです。
スクリュードライバー飲んでるのとオレンジジュースでは大違い
どのメーカーもモノは違えど食品用フレーバーを用いているハズなので
恐らく全てにおいてコレに近いエタノールが混じるはず
SEのブラックハニークリームがどんどん美味しくなってきてる(味が濃く)のは
外気に触れて余分な成分が揮発してるのかな?というのが今のところの経験値での理解
特にSEは発注後作るのでつくりたて=エタノール多めと解釈しました。
ミルク系とかの評判がイマイチなのはつくりたて過ぎてエタノールが邪魔している可能性もありますね。
比較的安い価格帯のリキッドだけに寝かして変わる品質でも無いだろと
皆さんそのまま使っている可能性(試してみてもあまり変化ないかもしれませんがw)

有名なスイーツ系リキッドのGVC(グランツバニラカスタード)が2週間外気にさらした上で配送され
且つさらに寝かしての使用を薦めているところからも
もしかしたら全てのリキッドは外気にエタノールにがさないとダメなのかもなと思っています。
SEも次回以降はお気に入りを容量多めで発注するためスティーブに関しては要検証。
その前に自作(恐らく失敗作)で試してみます。

2014-12-17-19-21-56
点眼容器は買いすぎ・・・と思いつつも
確か前回もかなり消費はしたので
まぁ色々使うしいいかな?と(もう一つの趣味の釣りでワームにたらす臭い液体を持ち運ぶのに・・・便利^^;)
薬局で近いもの揃えると10個も買えない値段だし。
とりあえず容器が揃い次第自作再開します。

程よく満足できそうな味のバランスが見つかったら自作用ニコチンリキッドを発注する予定

post image

メンソール液作成2/2

2014-12-17-16-50-49
ほぼ半日でPG10mlに対して倍の容量が溶ける模様
溶かし切ると合計30mlの液が完成

溶け残っているのは巨大なクリスタルを敢えて入れたものが一本のみ。
これは振らないと混ざらない時にゴロゴロ転がって混ざっていいかな?と思ったが余分な気遣いのよう
時間経過のみで普通にとけました。ただし
混ざらないと反応は悪いと思うので適度にひっくり返すなどして混ぜたほうがいいとは思います。
無水エタノールよりはやはり溶けるスピードは遅めに感じますが
あちらは過去の記憶だと気温によって再結晶化したり冬場の使い勝手が悪かったり
そもそもエタノール臭が気になったりするため
これだけ溶けるなら以降コレで作ります。

ちなみにこれだけ溶かすと
1滴舐めてみたところ舌に激痛です
あぁヤバイなコレと口内で薄めると強烈なスースーで眠気吹き飛びます・・・

ほぼ飽和まで持っていったメンソ液は
市販リキッドにメンソール感を加える場合は数滴で充分という説がありますが
話が大きくなっているわけではなさそうです(今後要実験)

せっかくコレを用意したので
賞味期限切れですが・・・前回辞めた時の遺物のミントフレーバーにて
自作簡易メンソールリキッドを近々作ってみます。
発掘したフレーバーは成分表見る限り46%アルコールなので
それだけアルコール混じっててなおかつメンソールまで溶けてて・・・痛むことはないかなと
フレーバーが薄まってるかもですが、まぁ実験なので・・・

メンソールクリスタルについても
アマゾンで簡単に手に入りますね。前はもっと探したような・・・
あとは容器さえもっと簡単に手に入れば自作が捗りますね。

2014年12月
    1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント

Top