自作リキッド作成器具 参考例


2014-12-17-16-56-39
前回(3年半前)は点眼容器にグリセリンを入れ直接1滴2滴とフレーバーを加えたら振る方法でしたが
結局満足の行く出来にならなかったのを踏まえ

今回再チャレンジするにあたっての変更点は
1.メンソール液はPGベースにし余分な液体の混入を減らす(エタノール)
2.混ざりの悪さは味の悪さということで混ぜやすい道具を工夫する
3.外気に触れさせ寝かすと(スティーブと呼ぶらしい)味が良くなるらしいのである程度の容量は一回で作る

ということで仕事帰りにホームセンターにて
一番小さいステンレスの容器・・・ということで完成後の注ぎやすさも考慮しステンレス製計量カップ
万が一大成功のレシピが生まれた際には200mlまで作れます・・・
まぁ作っても100かなぁ・・・

ステンレス製泡立て器は混ぜる作業用

最小2.5mlを測れる小さじはものによっては大量に入れるらしいフレーバー計測用
また5mlの小さじはPGVGを半々で入れる際に使用
計算がめんどくさくなると続かないのはわかっているので
PGVGは5+5で10mlそこに何をどれ位足すかで調整を図ります。 
またいちいちドロドロのVGをチマチマと測りたくないので計量スプーンで行きます
かなりストレスが無くなるのではないか?

本来シリンジ(注射器)で行う計量ですが
いちいち洗うのが面倒臭いし粘度の高い液体は吸い込まず出ずと苦労するため
余程の少量を図る必要性が出たら購入予定(100均でOK)
ただし少ないなら何滴たらす・・という計量で行く予定
 
これで出来上がりはおよそ12ml-15ml程度のものが出来上がると予想
あとは容器ですが今は便利なもので
アマゾンにて点眼容器も激安で手に入るのを先ほど発見して 
10mlタイプ100個入りを発注
出来上がったリキッドは半々にわけて片方は即使う味見、片方は寝かす実験用と分けてみます

寝かす・外気に触れさすというのは
半信半疑でしたが確かにフレーバーの成分を見る限りエタノールが46%も入っていては
これが抜けるかどうかで味は変わりそうです。
スクリュードライバー飲んでるのとオレンジジュースでは大違い
どのメーカーもモノは違えど食品用フレーバーを用いているハズなので
恐らく全てにおいてコレに近いエタノールが混じるはず
SEのブラックハニークリームがどんどん美味しくなってきてる(味が濃く)のは
外気に触れて余分な成分が揮発してるのかな?というのが今のところの経験値での理解
特にSEは発注後作るのでつくりたて=エタノール多めと解釈しました。
ミルク系とかの評判がイマイチなのはつくりたて過ぎてエタノールが邪魔している可能性もありますね。
比較的安い価格帯のリキッドだけに寝かして変わる品質でも無いだろと
皆さんそのまま使っている可能性(試してみてもあまり変化ないかもしれませんがw)

有名なスイーツ系リキッドのGVC(グランツバニラカスタード)が2週間外気にさらした上で配送され
且つさらに寝かしての使用を薦めているところからも
もしかしたら全てのリキッドは外気にエタノールにがさないとダメなのかもなと思っています。
SEも次回以降はお気に入りを容量多めで発注するためスティーブに関しては要検証。
その前に自作(恐らく失敗作)で試してみます。

2014-12-17-19-21-56
点眼容器は買いすぎ・・・と思いつつも
確か前回もかなり消費はしたので
まぁ色々使うしいいかな?と(もう一つの趣味の釣りでワームにたらす臭い液体を持ち運ぶのに・・・便利^^;)
薬局で近いもの揃えると10個も買えない値段だし。
とりあえず容器が揃い次第自作再開します。

程よく満足できそうな味のバランスが見つかったら自作用ニコチンリキッドを発注する予定

スポンサーリンク

VAPE COLLECTION
Aspire、SMOK、KangerTechなどの人気商品を取り扱い。
KAMIKAZEやBI-SOなどの人気の国産リキッドがメール便で送料100円で!
電子タバコ専門店 VAPE COLLECTION
Online shopへ


コメントを残す

2014年12月
    1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント

Top