post image

kangertech subtank レビュー② RBAユニットへ換装〜使用感

2015-01-10-21-32-15
満を持して?RBAユニットに載せ替えました。
正直なんとなく億劫だったのとOCCで充分楽しく吸えてたのでまぁいいかという思いもありましたが
結果載せ替えて大正解です。
このタンクを買われる方で、ほぼ初心者なのでタンクはコレしか無いという方はOCCでの運用が便利で
コアがヘタったら変えればいいという使い方になるかとは思いますが・・・
そんな特殊な方はほぼ居ないと思います。
おそらく購入者の大半は中上級者、又は初心者でもある程度の装備の整った方と思いますのでRBAユニットからOCCへ戻すことはなく、初心者は気が付くと?リビルダブルなタンクの世界へ踏み込んで行ってしまうと思います^^; 

踏み込んでしまったのでfoggerやらkayfunやらerlkoeniginが欲しくなるという・・・
底無し沼なようで底はあっさり見通せるのがRTA(リビルダブルタンクアトマイザー)なのでしょうか?
他にもあるようですが、twitterで話題に上がりやすいものをメジャーと捉えていますが
メジャーなものはそのうち揃える予定です。
ただし実際所有欲と使い勝手の差を除いて味だけ見ると誤差程度の差になってくるだろうなとは思うので
まぁじっくりと様子見しながらと思っています。
とはいえfoggerは早めに手に入れるかもしれません(セールで安いのを見つけたので)

前置きが長くなりました
ではまず分解・・・の前にもう一つ前置き

昨日思いつきで22ミリ変換リングなしでBT50に乗せてみたところ
BT50の本体の端子付近に掘られた22ミリようのくぼみには当然入らないアトマイザーですが
ボディーに当たるところを終端として嵌めてみたところ
2015-01-18-23-05-12
絶妙なマッチング。
これはBT使用者はリングなしで運用したほうが便利且つカッコイイのかなと
2015-01-18-23-05-29

拡大してみても、コーナーの切り欠きのギリギリ手前で止まり
ものすごくフィット感があります。

さてでは
前置きは終わりまして
分解作業に入ります。

タンクの分解が必要なのでキッチンペーパーをひいて分解

2015-01-18-23-07-37

OCCコアを抜いてRBAユニットを持ってきますが
比較すると当然ですが大きなコアです
コレはデュアルコアですので
コイルを2本設置する手間上ビルドのやりやすさとして
特に初心者にはコレぐらい大きいほうが良いですし
形状自体はkayfunに近いそうです(所有していないのでわかりませんが)
サブタンクは22ミリ径のサブタンクミニが発表されていますが
RBAユニットがミニRBAと表記されていますし(ナノはRBAなし)
実際小さく見えますのでおそらくコイルはシングルなのかなと?
そのあたりで住み分けるのかもしれません。

2015-01-18-23-08-39

 RBAユニットは3ピース構造です
2015-01-18-23-09-36
事前にばらしておきましょう
コイルははじめからビルドがされているので、まずはそのまま使えばいいかと思います。 
またプリメイドコイルが数個同梱されているので
初心者の方はこの初回のコイルとプリメイドを消費してから道具を揃えてもいいかと思います。
ここまでセットされていると
あとはコットンを差し込んで切るぐらいですので
作業上のハードルは非常に低いです。 
RTA使ってるぜ
と言うと中上級者に見えますが・・・コットン挿しただけという・・・
2015-01-18-23-12-01
コットンも同梱されています
ツブツブの粒子が混ざっていることからオーガニックコットン
2015-01-18-23-12-32
 数ミリ幅で裂きます
裂きやすい方向がありますので確認してください。縦横で全然裂きやすさが違います。
2015-01-18-23-12-59
コイルに大してまだ太いので
割いたコットンはさらに上下?に分けて2本にします。
コレぐらいでちょうどよかったです。2015-01-18-23-13-48
 先端をよって
コイルに通します。よった部分は通したらほぐしたほうがいいかと思いますが、
コアの径に対して長すぎるため
どうせ大きく切断するからいいかと省略します。
2015-01-18-23-14-08
このあとパーツを通すので
全て上?に癖をつけておきます
2e5fb5f3-s
 タンク?側面部?の筒を通したら切りやすく開きます
2015-01-18-23-16-04
 コットンはコイルから底につき
若干這うぐらいで良いとのことですのでコレぐらい短く切断し
2015-01-18-23-17-10
 ピンセットで押し込みます
あまり押し込み過ぎないよう程よくばらつくように入れてください
あとは蓋をして終了です

次はタンクの換装

2015-01-18-23-20-54
 とりあえずなんでもいいかと
ドライバーを用意・・・
コットンはセットしたし余裕でしょうと・・・
思うがここで大問題
ネジが硬い!
2015-01-18-23-21-17
ゴム手袋ぐるぐる巻にて挑むものの
どうやら100均のドライバーでは若干ネジ穴に合わない模様
悩みつつ・・・・
プリメイドコイルと同梱されていたミニドライバーを試すと
ピッタリ。ただし硬いのは変わらないので
2015-01-18-23-23-15
やはりゴム巻きで攻めると
意外とあっさりと外れました。

問題はコレ・・・
2015-01-18-23-24-14
青いネジ止め剤・・・
なんで塗ってるんでしょうか・・・
もしかするとですがタンク上部はかなり加熱するので
熱膨張でパーツがずれないように?
まぁ気になる方は金属のブラシなどで取り除くといいかもしれません
ただ、まぁ外せたわけなので・・・そのまま利用してしましました。 
2015-01-18-23-24-48
 OCC用との比較
かなりチムニーが細くなっています。
そのため圧縮された濃厚な煙が出るとのこと。非常に楽しみ。
2015-01-18-23-27-27
 ネジ止めということですが
一応内側にはパッキンが入っているためパッキンでの防水
ということで
締める際はそこまで力を込めて締める必要は無いと思います。
また外せるかどうか、締めたり緩めたり確認しながら締めてください。
2015-01-18-23-30-50
 タンクとRBAユニット内部にリキッドを入れ(ユニット内部はコットンが湿る程度)
組み上げて終了です。
2015-01-18-23-31-52
これ実際まぁ
外形の大きなタンクですが
おそらく大きさに引いてしまって売れていないんだと思いますが
使いやすいRBAユニットを入れるとコレぐらいになったんだなと理解できます。
ユニット自体がタンク内のかなりの容積を取っているのがわかっていただけるかと。
この大きさはタンク容量にも影響するため
実際タンク内に入れた容量は2つ上の画像のようにチムニーの半分が埋もれるぐらいと
たいして入れていませんが
組み上げて立てると
2015-01-18-23-33-24
こんなことになり・・・
かなり目一杯に見えます
が・・・これはコアがリキッドを押し出しているだけです。
つまり大きめのリビルドしやすいデュアルコイルのRBAコアを提供しようとすると
リキッドの容量を圧迫し、結果的にこのサイズになったということかと思います。
OCCの使い勝手にはあまり関係のないサイズですし。
現にOCCに限定すればナノという小型まで出せるわけですから
RBAユニットありきでこの設計なのかなと。

では吸っていきます。
2015-01-18-23-47-33

まずは限界まで出力を落とします
18W付近まで一度落ちましたが
3Vを切ったためでしょうが
この一度きりでこの後出力を上げたあとはここまで落とせなくなりました。
BT50でも同じ傾向のため不具合では無いです。

このあたりで問題なく美味しいです。
エアフローはOCCに比べキツくなりますので
穴3つでちょうどいいかもですが
穴1つでも重いな・・・という事はないです。
OCCでの穴1つがRBA時の穴3つに近いです。
スカスカ感がないぶんこの重さは好みでした。
18W付近ではさほど熱い煙は出ません。ちょうどいいのですが
抵抗値の問題からコレ以上落とせないので

上げていきます
2015-01-18-23-48-25
24W付近
このあたりから熱い煙が口内に入ってくるようになります
ドリップチップまで熱くなります。
ここまでスーサイドバニーのサッカーパンチを吸っていますが
甘いリキッドと温かい煙の相性の良さを学びました。
非常に美味しいです。

調子に乗って30W
2015-01-18-23-49-51

 30は超えていますが
この出力でも4V
メカニカルでの使用の場合いきなりこのあたりの出力かと思いますが
煙が非常に熱いです
且つ煙量は相当出ています。
味が飛ぶわけでもなく、OCCと違いコゲを感じることもありません 
が、
温かい煙を舌に乗せて楽しんでいましたが
ここで吸っている秒数が短くなったのは・・・
舌軽く火傷しました^^;
要注意です

ここまで5秒6秒と長く吸えているのを見て頂いてわかるように
実際RBAに差し替えるとムセることもなく
焦げることもなく吸えています

■まとめ
RBAユニットへの換装は味もさらによくなり(表現力が上がるというよりは単純に濃く)
煙も熱くといい事ばかりです。
またコアの洗浄もバラせることで容易ですし
コットンを差し替えれば匂いが残ることもない。
あれ・・・OCCいらなかったんじゃ・・・という気がしています

■機能★★★★★ (初心者の技術レベルをリビルダブル可能な所へ強引に引き上げてくれる良い機種)
■煙量★★★★ (出力次第で充分問題なく出せますが、そこを目指すものでもないのかなと。)
■風味★★★★★ (味の飛びも少なく高出力で熱い煙を美味しく楽しめます。)
■価格★★★★ (性能からのコスパは非常に高い。且つお安く売られている店舗もあるのでお買い得。)
■総合★★★★☆ (大きさ・・・だけですね減点要素は。そこもBOXMODなら問題ありません。)

あれ・・・ほぼ満点だ・・・

2015年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近のコメント

Top