post image

innokin coolfire2レビュー iclear30s ver

image

そろそろ書いておかないと忘れてウヤムヤになってしまうのでcoolfire2のレビューを・・・
明らかにネタ機体の見た目ですが、実は実用性で気に入って結構ヘビーに使っています。
ダイヤル式スイッチを採用するにはある程度の太さの筒を用意・・・
手に馴染みやすい曲線に・・・ラグビーボール型では立たないので下を切ると・・・
あれ?手榴弾じゃね?と・・・こうなったかどうかは知りませんが
当初は完全なネタ機体として買いました・・・
image
どこかの通販サイトで見かけたVFとの組み合わせが元ネタですが・・・危ない道具感がネタとしてもかっこ良く見えまして・・・
FTで安くなっていたこともありポチッと行ってしましました36$程度からクリスマスセール割引だったかと思います。
ちょっと国内販売価格ではネタのみとしては買えない機種です。

まぁ本来は年末に届いて・・・
年末年始の宴会芸的にネタとして持ち歩こうと思ったのですが
数々のFTの遅延により年明けになりまして
届いた時点で役目は終えて・・・いたのですが
これが実は使ってみると実に使いやすい。
もちろん出力は12.5Wまでと限られますが
多くのVW機では小さなボタンで出力変更をします。何度も連打する又は長押しで出力を変えますが、
1W変えるのに10回または1秒近い長押しとなります。(長押しの秒数は機種によります)
対してこの機種はゴリゴリっとリングを回せば一瞬で7-12.5Wまで変更できます。
これが非常に心地いい。
2Ω前後のアトマイザーではこのあたりの出力で必要十分ですのでサブΩのアトマイザー以外では実に快適に使えます。

本体の構成はシンプルで
image
上部のリングが外れます。
これプラスチックに見えて金属です。
ただし外してもそれ以上何も出来なく、何のために?という状態です・・・
image
ちなみ落とすと剥げて銀色になります・・・
image
あとひとつは電池カバーが外れますが
マイナス極の端子はバネ式で沈みます。このカバー含め本体は金属の塊なので
実はかなりの重量感があります。
実物の手榴弾に近い重さかどうかはわかりませんが^^;
立てておいた際の安定感は素晴らしく、また持った重量感も手に馴染む重さで不快ではありません。気持ちよく全力投球出来そうな重さです・・・
手にしっくり馴染むサイズといい実に使いやすいのですが・・・

ただし一つ問題が有ります。
初期付属のiclear30Sです。
昨今売られているアトマイザーの中では最も重い部類に入れられるドローの重さです。
coolfire1に付属してきた30Bもドローの重いアトマイザーですが更に重い。
肺に入れようと吸い込むとかなり力いっぱい吸い込まないといけません。
ただ強引に吸い込まないと煙が出ない訳ではなく
ジワジワと力をかけて吸っていればそれなりに煙は出ています。
商品の登場時期的にしょうがないことですが
今どきのエアフローコントロールの付いているアトマイザーに慣れた人には
故障か?と思わせるほどの重さです。エアフロー全閉より重い。
肺に入れようとせず、口で吸う場合はそれなりに使えますので
恐らく使い方を探れば今でも楽しめるリキッドはあるのでしょうが
個人的には今入れているリキッドが切れたら・・・お蔵入りです。

image

またタンクも30B同様ガラスではないタンクですから
入れるリキッドによっては割れる危険性があります。(ただし落下の破損からは逃れられますが)
image

分解すると色々と特殊でして
ドリップチップは引っ張っても外れません

image

ネジで固定されています。

image
残された下部のユニットは
最下部のネジを緩めると・・・

image

ベース部がスルリと抜けます。
このあたりも独特。

image

これでやっとコイルユニットが外れます。
この大型のユニットでは内部にウィックとコイルが詰まっているわけですが
ある程度浸さないと供給不足になる点も今となっては不便な点です。

というわけで個人的には何一ついいところが見つからなかったアトマイザーです
昨今の市場に出回っている商品ではカンガーやアスパイアの商品から入ってくる初心者も多いと思います(私がそうです)
憧れてcoolfire1を今買うと30Sがついています。
これ商売上マズイんじゃないかな?と思いますがいかがなものでしょう・・・
30Bであればここまで不便ではありません。
X6は近いドローの重さに加え味が出ない、すぐコゲるとのことですが(未体験なので伝聞です)
であればX6から移行するには問題ないかと思いますが・・・
EVODあたりから入ると・・・恐らく何だコレは?となるかと思います。
coolfireは1も2も本体は今だに使い勝手の良い機種と感じて使い込んでいますが
アトマイザーは30Bも30Sも一回のリキッドチャージで終了・・・かなと思っています。
今となってはできれば本体だけで売ってほしい商品です。
買ってからそれなりに長いですが・・・どちらのアトマも初回に入れたものが消費されずに・・・います・・・やっぱり不便だと使いません・・・

■まとめ(本体)
意外と手に馴染むサイズ重さ、何より使いやすいダイヤル式の出力変更。出力固定のcoolfire1より考えずにアトマイザーを載せれます。
あ、ちょっと低いか・・・と調整できるのは良いですね。
ただ難点を上げるとすると2点、1と違い18650サイズのバッテリーへは対応できません。延長アダプターが出ていません。
そのため稼働時間は短めです。
また見た目ですが・・・外で気楽に持ち歩け・・・ませんね。
リアルに作られているからこそネタとして面白いのですが・・・危険です^^;

■まとめ(iclrear30s)
個人的には今となっては使う価値を全く見いだせない完全に失格なアトマイザーです。
味、ドロー、煙量全てでEVODのアトマイザーに劣ります。
太さは合わないがgladiusあたりを付けないともはや時代遅れ。
本体に惹かれて買う方で、30s未体験の方は・・・リキッドは一度でも入れるとコイルはダメージが出ますし洗いきれませんので・・・
一度も触らず保管しておくことをオススメします。
ただ・・・最後の追試として18mgあたりの高濃度ニコチンのリキッドをチビチビ行く用に・・・実験はしてみます。
それなりに楽しく使えれば使いますが・・・追加コイルを買うことはありません。

■機能★★★☆☆ (本体の機能性では4ですがアトマイザーが悪すぎるため3)
■煙量★☆☆☆☆ (evod以下)
■風味★☆☆☆☆ (evod以下)
■価格★★★★☆ (ここから下がりそう。在庫処分を待ちましょう。)
■総合★★★☆☆ (本体の使い勝手はかなり良いんです・・・がやはり見た目で買うネタ機ではあると思います。)

2015年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

最近のコメント

Top