自作レシピ及びフレーバーレビューの際の環境変更



自作レシピの開発?やフレーバーをレビューするにあたって、少しでも作成時のストレスを減らすべく作成環境を変更しました。
あと恐らく過去の自作記事をみてもなんだかめんどくさそう・・・となる人も多そうなので極限まで簡略化します。
まずVGPGは別途混ぜていたものは

 

 

ちょうどよく半々の残りになったところで事前に片方にジャーーっと混ぜてよく振り50%50%の溶液として準備。ミックスする環境も…

 

 以前はこんなステンの計量容器に入れて泡立て器で混ぜていましたが、点眼容器に直でフレーバーを垂らし、50%50%の溶液をドバッと入れてあとはひたすら振るという極限まで簡略化しました。

いろいろやっても手順でさほど味に変動なかったのでもう今後基本的にはコレで行くことにしました。

おそらく大量に作る際はまた戻しますが、こんな簡単に、普通に吸えるものはできますよ?という紹介がそもそもの目的なためボトル直にフレーバー数滴、あとはグリセリン入れて蓋して振る!という方式に今後統一します。

ただしPG50%の場合でのオススメ環境でしてVGの比率が高まると振りのみでは混ざりにくいので要注意です。フレーバーにケンエーのグリをドバーでも作成出来ますが、混ざりにくく安定しませんので相当振ってください。というか毎回吸う前に振ってください。PG50の場合は適当に数十回振っておけばあとは安定しています。

この後twitterで数人に配布したメンソールリキッドのレシピ公開を行いますが、どれもこの方式にて作成。普通に美味しく吸えたと感想を頂いているのでそれに対する前フリです。また来週以降はFAのフレーバーレビューを再開していきますが、これもまた簡略化した方式を検討中です。手間かかると進まないので…

とにかくも
今後公開するレシピやフレーバーのレビューは

①点眼容器にFA等のフレーバーをポタポタ

②事前に混ぜておいたPGVG溶液をドバーッ

③蓋を閉めて降る!

の手順で作成しますので何mlのグリセリンに何滴フレーバーが入っているかだけわかればだれでも即作れるという状態にて公開していきます。
揃えるものは

①ファンタジー社PG ②ファンタジー社VG ③点眼容器 ④フレーバー

これが揃えば2分で作れます!
というわけで作成方法を変更したことを事前に書いておかないとレシピページが長くなるため事前解説となります。
この後今晩3レシピ注意事項など説明付きで公開していきます。

スポンサーリンク

VAPE COLLECTION
Aspire、SMOK、KangerTechなどの人気商品を取り扱い。
KAMIKAZEやBI-SOなどの人気の国産リキッドがメール便で送料100円で!
電子タバコ専門店 VAPE COLLECTION
Online shopへ


2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント

Top