image

YiHi SX-mini ML-class レビュー(開封ーVW運用)


image

 

さて再開第一弾は、ブログ再開のきっかけとなったSXminiから。
基本的にVW運用中ですがVW運用でも利便性が高いと感じたのでその点について。

初めに書いておきますが割と・・・長いです・・・

まずは開封

半透明のカバーを外し、白い箱を開くと現れます・・ハイエンド機・・・
梨地の仕上げはハイエンド一眼レフを思わせる重厚な仕上げ。
本体の重量も機能面とは無関係に重い・・・
プラパーツが無く、とにかく重いですがこの時期はひんやりして気持ち良い触感です。
形状もグリップしやすくまさに質感も重さもグリップのしやすさもD5等のハイエンド一眼レフを構えた感じに近い。

人気のツートンも昔の銀塩カメラでよくある黒主体にシルバーという組み合わせで
YiHiの社長さんはカメラ好きなんじゃないかな?と思ったり。
ニコンだとDFみたいな銀塩の雰囲気出してくるカメラと配色のバランスが近いですね。
image

小遣い制では中々手を出しにくい価格帯のMODですが(国内販売価格25000円〜30000円程度)

今回CHKさんのセールにて15000円を割ったことで思い切って購入。
さて質感は非常に高いMODですが内容物は至ってシンプル。マニュアルなどの書類系とUSBケーブルのみです。

image
さてでは電池を投入します。本体下部にコインを差し込んで開くネジ式の端子がついています。初回は手で楽に回るのでクルクルと回して外す・・・

image
非常に質感高くスルスルと回って気持ちよく外れたことはいいんですが・・・
中を覗いても、外した蓋にも+-の記載なし・・・
まぁ恐らく上が+だろうし、間違ったら通電しないだけなのでととりあえず入れてみる。^^;

image
手持ちのVTC5を投入。

image
通電しました♪正解♪
さてまずはロックとロック解除ですがよくある5クリックタイプではなく3クリックとなります。

image
ロック状態から3クリックすると

image
このようにロックが外れますが・・・間違って5クリックしてしまうと

image
このようにロック解除を通り越して設定モードに突入してしまいます。^^; ここは改善して欲しいポイント。
ちなみにSENIOR(中年?)ってなんだ?という画面ですが、
これは設定をフルにカスタム出来るSENIORモードと、Wの変更以外ほぼ何も出来ないJUNIORモードとの切り替え設定です。

image
この設定モードから脱するには、このようにパフボタンをEXITが出てくるまで連打し、+ボタン(この写真だと左側)を押す必要があります。

image
ちなみにVWでの運用なので、ついでに設定モードからPOWER&JOULEを選び+-ボタンにてPOWERを選択しておきます。JOULEは温度管理モードです。

image
また角度センサーは割とイライラするのでオフにします。微調整はしづらいんですよね。ここまで設定したらEXITに合わせて+を押し設定モードから脱します。

image
さて画面表示ですが、この場合18W・4.2Vで出力されていて、抵抗値0.98Ω、現在の電池残圧が3.62Vまでが上段の表示。
吸ってると電池の電圧がみるみる落ちていきますし、USB接続による充電中はジワジワ増えていく様が観察できます。

ちなみに充電中の使用ですが、パフ時にUSBがカットされるのか電池容量が使用時に減り、またジワジワと充電されていく様が観察できます。今のところ問題なく使えています。

表示に戻りまして、下段C4は全体の設定の4番目を使用しているという表示。
出力の設定をC1-5(Cはconfigure)と5種類使い分けれるのですが、さらにそれぞれにM1-5(Mはmode)というモードを5種類持てるため、合計25パターンの設定を使い分けられます。
使い分ける意味としては

C1 [0.3Ω用] (M1.3.6VになるW出力  M2. 3.8VになるW出力  M3. 4VになるW出力  M4. 4.2VになるW出力  M5. 4.3VになるW出力)

C2 [0.5Ω用] (M1.3.6VになるW出力  M2. 3.8VになるW出力  M3. 4VになるW出力  M4. 4.2VになるW出力  M5. 4.3VになるW出力)

C3 [0.8Ω用] (M1.3.6VになるW出力  M2. 3.8VになるW出力  M3. 4VになるW出力  M4. 4.2VになるW出力  M5. 4.3VになるW出力)

C4 [1Ω用] (M1.3.6VになるW出力  M2. 3.8VになるW出力  M3. 4VになるW出力  M4. 4.2VになるW出力  M5. 4.3VになるW出力)

C5 [1.2Ω用] (M1.3.6VになるW出力  M2. 3.8VになるW出力  M3. 4VになるW出力  M4. 4.2VになるW出力  M5. 4.3VになるW出力)

というように設定をしておくと、アトマイザーを変えた際にC1-5を選ぶだけで
抵抗値に応じた簡単設定を呼び出せて、リッキッドに応じて電圧をサクっと変えていける便利設定が完成します。初めはめんどくさいですが・・・
これがあると、新規のリキッドを試す際にこれは4V切っている方が旨いが、これは4.2V超えた所が旨いなといった具合に、自分なりのスイートスポット探しが捗ります。
このモードの切り替えですが、C1-5は設定に入らないと変えられませんが、M1-5は通常使用時に+ボタンを押すとモードが変更されていきます。
各モードの出力調整はM2ならM2に合わせておき-を一度押すことで調整モードに入ります。

つまりよくあるMODのように使用中+-でいきなりW調整ができるわけではなく、
+を押し-を押すことで調整できるようになると言う少し慣れが必要な操作感です。

現在モニターに表示されている設定はC4の1Ω付近用のM3です。4.2Vになっていますが撮影直前に弄ってしまったからです^^;

ちなみにC4とM3の間に表示されている43127J(ジュール)は電池投入後これまでの通算出力Jのようです。電池交換するとリセットされます。

さてここまで見ると
人によってはなんと面倒くさい!と思うかもしれません。
これはですね設定のoperation modeにてsenior(大人…w)を選んだ状態での使用感でして
junior(子供…w)を選ぶと通常よくある+-でWが調整されるだけのモードに移行できます。
ただし・・・それで使うならこんな重いMOD必要は・・・と思うため私はseniorで色々弄りながら使っています。

さて最後にseniorで使う際に画面の右下にSTANDARDと表示されています。
これは同じ18Wでも控えめの出力、高めの出力、波形を作成してオリジナルの出力と18Wでもさらに細かく挙動を微調整できます。
個人的にこれが絶妙に便利で、リキッドの粘度によって供給過多気味かな?と思ったらPOWERモードにてちょっと強めで使ったり、さらにPOWER+にしたり、
供給不足気味だなと感じたらSTANDARDやSOFT、電池切れそう・・・と思ったらECOに切り替えるなど
割とチマチマと変えれます。この出力波形の変更は使用中に-を押すこと簡単に変更できます。
あぁ惜しい・・・ちょっと・・・不味いちょっとなんだけど・・・という時に割と上手いことハマった設定が見つかっていて、個人的にはちょっと無いと困るレベルに便利です。

というわけで!senior(上級者?)junior(初心者?)と使用感が全く変わるモードとなります。この手の基盤の乗ったMODを買う初心者は少ないでしょうが、
初心者用の設定・・・というよりまぁ上級者でも手軽に使いたい時あるよね。というモードがあるという理解で良いのかと。
image
さて波形のモードでSXi-Q S1からS5という5種類のモードが出てきますが、これはyihiのWindows用ソフトウェアにて自作の波形を登録するモードで、これを使わない場合は飛ばしてOKなモードです。使う場合は・・・

image

専用ソフトウェアをインストールする必要があります。Windowsのみ。コチラから。

sx1

起動するとこのような画面。UPGRADEというボタンがあるように基盤のファームウェアのアップデートにも使うソフトのため、購入したらこのソフトは入れておきましょう。波形はSXi-Qをクリック後
下記の画面が現れますのでカスタマイズ可能です。まだこのソフトウェアについては使い込んでいないため、後日別途と思っています。起動ロゴの変更なども可能です。

sx3

■まとめ

さて非常に高機能で割りと最新のSX350J  v2タイプを搭載したこのML- classですが機能は申し分なく、人によってはありすぎるぐらい。DNA200や75も近い状態でしょうが
独特の操作感となっている点が人によっては難点になりうる所と重さ以外は全く不満がなく、途中でレビューが切れている^^;
HB40から完全にメイン機として置き換わりました。
HB40も修復後快調に使い続けられているためいずれ再度残りを書くかもしれませんが・・・もういいか・・・という気もしています^^;
テクニカルMODはあとはボトムフィーダーとDNA200または75をそのうちどれか一つづつ手に入れたら打ち止めかなと思っていますが
ML-classの完成度は予想外でして新型DNAは触らせて貰って買わず・・・もありえるかなという今のところの満足度です。

さてVWで吸っててなんで高級基盤が居るの?という理由を書いてきたわけですが、基本的にパフボタンを押してからのタイムラグもほぼ無いレベルに少ないですし
こういう高機能機は設定を煮詰めていくタイプの人には面白くて仕方なくなる玩具と思います。
誰にでも勧められるかというと中上級者且つ設定を弄るのが好きな人にしか勧めようとは思いませんが、別に気楽に使っても安物との差は感じられる機種かなと思います。
機械は機械らしい見た目が好きなため、工芸品ライクな高額機を買う予定は無いのですが、
そういった高額機に採用されるチップというのはよく理解できました。良いMODですコレ。
でも正直設定煮詰めたら
picoにアトマ載せ替えてお手軽運用しちゃってますけどね^^;
軽いのほしいなぁ
というわけで次はiStick picoを書きます。しばしお待ちを。

■機能★★★★★ (これ以上個人的には機能は必要としていません・・・)
■煙量———— (乗せるアトマイザー次第)
■風味———— (乗せるアトマイザー次第)
■価格★★★☆☆ (気楽に使える廉価版も出して欲しいところ。DNA40や75程度の価格帯でサブ機が欲しい。)
■総合★★★★★ (現状何の文句もつけられません)

スポンサーリンク

VAPE COLLECTION
Aspire、SMOK、KangerTechなどの人気商品を取り扱い。
KAMIKAZEやBI-SOなどの人気の国産リキッドがメール便で送料100円で!
電子タバコ専門店 VAPE COLLECTION
Online shopへ


2016年6月
« 12月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近のコメント

Top